閉じる
  1. 歯医者で行う進化した虫歯治療をご紹介
  2. インプラントは万能ではない!失敗することもある
  3. 口内セルフケア方法を歯科院で学んで実践!
閉じる

歯医者で行う進化した虫歯治療をご紹介

歯医者で行う虫歯治療と言えば、ドリルで歯を削るというイメージが一般的です。
ドリルで歯を削るのには痛みがともないますし、独特の音や振動などに抵抗を感じる人も少なくありません。
中にはドリルのせいで歯医者を苦手に思ってしまう人もいるほどです。

そこで、ドリルを使わない新しい虫歯治療が歯医者で行われるようになりました。
この虫歯治療はカリソルブと呼ばれていて、特殊な薬剤を虫歯になったところに塗ることで、虫歯の部分だけをやわらかく溶かすという性質を利用しています。
歯は硬いので削るためにはドリルのようなものが必要ですが、薬剤でやわらかくなれば専用の器具を使って手で虫歯を取り除くことが可能です。
ただ、神経に到達するような深い虫歯にはカリソルブは使うことができません。

虫歯というのは細菌の感染症で、細菌によって歯はどんどん溶かされてしまいます。
その点に注目した虫歯治療もあります。
薬剤を虫歯の部分に使うことで、虫歯の原因となる細菌を殺菌し、無菌とすることが可能です。
神経に到達するような深い虫歯に対しても行うことができるというメリットがあります。
銅イオンと鉄イオンのコンビネーションにより殺菌するという方法もあり、こちらも無菌にして虫歯治療を行います。

また、高い殺菌力を持つオゾンを虫歯に応用するという治療もあります。
初期虫歯であれば、削らずに治療をすることができ、痛みもないので安心です。
虫歯に加えて歯周病の予防もできるので、お口の健康にいい影響を与えることができます。
オゾンだけでなく、プラズマレーザーを虫歯に照射するという虫歯治療もあります。

虫歯は進行性の病気で、1度なってしまうと2度と元の健康な状態にはなりません。
けれども、虫歯になりかけている段階であれば、フッ素を塗ることで歯をもとの状態に戻すことが可能です。
歯の表面はエナメル質という人体の中で最も硬い組織でおおわれています。
このエナメル質の下には、象牙質と呼ばれる柔らかい組織があります。
象牙質まで到達した虫歯は、冷たいものがしみたり、痛みが出るなどの虫歯の症状が出ます。
さらにこの状態を放置していると、神経に到達するようになります。

ですから、虫歯と気づいた段階ですぐに治療を受けるようにすれば、最小限度の治療で治すことができます。
歯医者は痛い治療をするところというイメージがありますが、最近はこのように削らない治療などを導入して患者さんが少しでも快適に治療が受けられる環境を用意しています。

おすすめ記事
  1. 口内セルフケア方法を歯科院で学んで実践!
  2. 歯医者で行う進化した虫歯治療をご紹介
  3. インプラントは万能ではない!失敗することもある

ピックアップ記事

  1. 日本人の歯並びについて、欧米人との考え方との違いが話題になることがあります。歯並びの良し悪しは日本…
  2. 欧米では子供が小さい頃から歯のケアを徹底して教えるため、大人になっても美しい歯を維持している人が多い…
  3. 歯医者で行う虫歯治療と言えば、ドリルで歯を削るというイメージが一般的です。ドリルで歯を削るのには…
ページ上部へ戻る